しみちゃん Photo Blog

モトクロス、エンデューロなどの二輪モータースポーツの写真を主に扱っています。 写真の保存ご自由にどうぞ。SNS、レースレポートで写真使用の際は、記事のどこかに「しみちゃん」が撮った写真だと分かるように明記してください。 雑誌、商用等で使用する際は、使用範囲の大小に関わらずsmmtgp@gmail.comまたはFacebook Messangerにて必ずお問い合わせください。写真利用規約の詳細は画面一番下のプロフィールページに掲載しております。お手数ですが、使用の際は必ずお読みください。

JEC SUGO 2days Enduro ーモトクラブオープンエリア、2人のチャンプを見て思うことー

1年ぶりに足を運んだJECは、私の知っているJECと、少し違っていました。

 

新社会人だったこともあり、仕事とレース、プライベートでうまくバランスが取れず、

ほとんどレース観戦に行けなかった2017年。

 

エンデューロを長く見ているわけではないけれど、

久しぶりに足を運んだJECの会場は、今までと比べて、明らかに若手が増えていたように感じました。

少し前まで、10代、20代の若手は、数えるほどしかいなかった気がするんだけどな。

 

f:id:mx_sm:20181127192300j:plain

 

私が大学生だった頃、エンデューロを見始めてから、一番交流があったのは前橋孝洋くんでした。

当初から、いや、もっと前から、期待の若手として取り上げられていた前橋くん。

そんな彼が、先日、2018年のIAクラス年間チャンピオンを獲得しました。

 

そして、その前橋くんが所属する、モトクラブオープンエリアから、もう一人チャンピオンが誕生。

NBクラスの米農家、青木孝平くんです。

 

f:id:mx_sm:20181127192322j:plain

 

f:id:mx_sm:20181127195304j:plain

 

モトクラブオープンエリアとは、以前から交流があった私。

2人のチャンピオンが輩出されたことは、個人的にすごく嬉しい出来事でした。

 

f:id:mx_sm:20181127192450j:plain

 

f:id:mx_sm:20181127192550j:plain

 

前橋くんと青木くんは、まったく真逆の性格のように見えます。

 

学生時代、前橋くんは、自転車で1時間弱かけて通学していて、

1分でも長く寝たいために、最速タイムを突き詰めていたそうな。

 

レースにストイックで、研究熱心で、静かに闘争心を燃やすタイプ・・・だと思う。

 

f:id:mx_sm:20181127194359j:plain

 

f:id:mx_sm:20181127192703j:plain

 

逆に、青木くんは、まっすぐ家に帰らず、

家とは逆の方面に行って、友だちと遊んでから帰るような人だったといいます。

 

JEC日高優勝の祝勝会にて、サインを求められた際、

青木くんは、色紙に「NBクラス年間チャンピオン」と書いていました。

 

まだチャンピオンじゃないのに。

その話だけでは弱いかもしれないけど・・・

なんだか、大物になりそうじゃないですか?

 

f:id:mx_sm:20181127192350j:plain

 

f:id:mx_sm:20181127193011j:plain

 

 

全く性格が違う2人だけれど、彼らを見ていると、数年後が楽しみで仕方がないのです。

 

前橋くんは、レースウィークに入ると、とても近づきにくいオーラを出しています。

悪い意味ではなく、おそらく、レースモードに入っているのだと思います。

 

f:id:mx_sm:20181127193815j:plain

 

初のIAチャンピオン獲得がかかった今大会、SUGO 2days Enduroでは、

レース中もその緊張感が伝わっていました。

 

過去何度かレースを見た中で、あんなに、走りに気迫を感じるレースは初めてだったかもしれない。

レースが終わると、ニコニコした前橋くんが戻ってくるのだけども。

 

きっとこのまま、どんどん上まで行っちゃう人なんだろうなと、そう思ってしまいます。

 

f:id:mx_sm:20181127192806j:plain

 

f:id:mx_sm:20181127192345j:plain

 

 

青木くんは、1年前、前橋くんの紹介もあって、今年からオープンエリアのチーム員になりました。

 

初めて参戦したJEC富山では、ヘルメットがボロボロすぎて車検に通らなかったとか、

(結果的に通したらしいですが)

エアクリーナーが泥だらけでうまくエンジンが回らなかったとか、

乗り込みすぎて、信じられないぐらいバイクが原型を留めてなかったとか。

🌾参考文献:KMFC - kmfunclub ページ 

 

そんな彼が、今年、モトクラブオープンエリアに入り、いきなり年間チャンピオン。

 

「本当、1年で人は変われるもんなんですよ」

 

そう、青木くんは言っていました。

 

モトクラブオープンエリアという、素晴らしい環境を掴んだ青木くん。

ちょっと違うかもしれないけど、シンデレラストーリー?

 

伸び代しかないわ。

数年後、青木くんはどこまで速くなるのかなあ。

 

f:id:mx_sm:20181127194217j:plain

 

f:id:mx_sm:20181127194644j:plain

 

エンデューロの世界は、沼だと思います。

コースに行くたび、顔見知りが増えていって、ライダーのことも知るようになります。

 

私は、会場の雰囲気が非日常的で、やめられません。

いるだけでいいのです。

 

f:id:mx_sm:20181127194858j:plain

 

ちょっと空白はあったけれど、久しぶりに行ったJECは本当に楽しかった。

やっぱり、エンデューロの世界は知れば知るほど、抜けられなくなりますね。

 

今年、クラスは違えど、お互いに年間チャンピオンを獲った2人。

前橋くんと青木くんが、同じクラスで戦うようになる日はいつになるのかな。

その頃、私は、どんな形でこの世界と関わっているのだろう。

 

そんなことを思う、最終戦でした。