しみちゃん Photo Blog

モトクロス、エンデューロなどの二輪モータースポーツの写真を主に扱っています。 写真の保存ご自由にどうぞ。SNS、レースレポートで写真使用の際は、記事のどこかに「しみちゃん」が撮った写真だと分かるように明記してください。 雑誌、商用等で使用する際は、使用範囲の大小に関わらずsmmtgp@gmail.comまたはFacebook Messangerにて必ずお問い合わせください。写真利用規約の詳細は画面一番下のプロフィールページに掲載しております。お手数ですが、使用の際は必ずお読みください。

続・しみちゃん、JEC日高の写真を販売します

こんにちは!こんばんは!

しみちゃんです。

 

ひとつ前の記事にも書かせていただきましたが、

9/14、9/15に、北海道日高町で行われる、日高ツーデイズエンデューロの写真を販売させていただくことになりました!

 

今回の取り組みに関して、一部SNSで賛否両論、いろんな意見をいただきました。

私の配慮が足らず、せっかく大会に向けてワクワク気分だった方々、申し訳ございません。

 

 

今回の件については、主催者とも話をして、この活動を継続する結論となりました。

 

また、合わせて、HTDEの広報活動のために、お写真を提供させていただきます!

 

もう気がつけば、来週です。

一緒にレースを楽しみましょう!

 

f:id:mx_sm:20160922123830j:plain

 

大会概要

2019 MFJ全日本エンデューロ選手権第3戦 日高ツーデイズエンデューロ(HTDE、JEC日高)

開催日:2019年9月14日(土)、15日(日)

開催地:北海道日高町 ひだか高原荘を基点とする日高町一円

 

 

写真撮影、販売について

 今回は、日高モーターサイクリストクラブさん、

JEC PROMOTION さんの許可を得て、写真の撮影、販売をさせていただきます。

 

また、被写体本人を対象に、写真を販売させていただきます。

 

 

販売形態について

販売サイトは、BASEを利用します。

 

 

データ販売のみ、2000円/枚で販売いたします。

 

購入の際に記入いただいたメールアドレス宛に、

私からメールにて写真データをお送りします。

(メールアドレス:smmtgp@gmail.comからお送りします)

 

アナログですが、考えた末にこの方法に行き着きました。

ご了承ください。

 

 

販売開始時期について

レース終了後、順次販売していきます。

FacebookTwitterInstagram、本ブログでご連絡しますので、

いずれか得意なSNSをフォローください!

 

かっこいいお写真が撮れるよう、一生懸命がんばります。

よろしくお願いします!

しみちゃん、JEC日高の写真を販売します

こんにちは!

しみちゃんです。

 

FUNAI RACINGさんの日高ロックスの記事が話題ですが、

その日高の地で、来月、新しいチャレンジをすることになりました。

 

ずばり。

 

レースの写真を販売させていただきます!!

 

今回写真を撮らせていただくことになったのは、

エンデューロをやっている方々ならご存知。

 

北海道日高町で行われる、日高ツーデイズエンデューロです!!


 

f:id:mx_sm:20160922123830j:plain

 ※写真はすべて2016年の大会時の写真です

 

2019 MFJ全日本エンデューロ選手権第3戦 日高ツーデイズエンデューロ(HTDE、JEC日高)

開催日:2019年9月14日(土)、15日(日)

開催地:北海道日高町 ひだか高原荘を基点とする日高町一円

 

 

2016年、私は初めて日高ツーデイズエンデューロを観に行きました。

 

北海道という大自然のロケーション、

町全体でレースをサポートする会場の雰囲気、そして、忘れちゃいけない食べ物。

 

日高町で行われる本レースは、

わざわざお金をかけて行く価値があるレースだと思っています。

 

ああ、3行で伝わるもんじゃないんです、ほんとに。

 

 

f:id:mx_sm:20160921232218j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20160921231227j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20160922120833j:plain



参考までに。当時のレポートがこちら。

ダートスポーツさんで、記事を書かせていただいたときのものです。

当時はブルネイ留学帰りの大学生でした。

(恥ずかしくて、すべて読み返してはいません)

 

 

 

上のレポートでは、来年も是非行きたい!と言っていますが、結局行けず。

やはり金銭面、また、レース以外のことも楽しんでいたら、

ずっと行けずに、気づけば2019年になっていました。

 

3年ぶりの日高。

 

行くことを決めたのは、今年の6月ごろです。

 

写真もずっと続けてきて、撮り始めた当初よりは

上手く撮れるようになってきました。

 

学生の頃より、いろんなレースに行くことはできていませんが、

レースに行った際は、写真アルバムとして公開したり、

ライダーさんに写真を提供したりしてきました。

 

ここで、一区切り。

自分の写真を、お金を払って買ってくれる人が、

一体どれだけいるのか、試してみたくなりました。

 

f:id:mx_sm:20160921231153j:plain

 

 

レースの規模は違えど、日本のエンデューロレースにおいては、

基本的には、無料で写真を撮って、無料でライダーさんに

写真を提供しているアマチュアカメラマンがほとんどだと思っています。

 

もちろん、カメラマンが、好きでレースを観に来て、写真撮っているので、

せっかく写真を撮ってあげているのだから、

お金ちょうだい!と、ただ要求するのは違う。

 

また、無料で撮っているのが悪い、と言っているわけでもありません。

 

f:id:mx_sm:20160922120517j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20160922120555j:plain


 

でも、時には泥だらけになりながら、崖落ちしながら、

絶賛ローン支払い中の高いカメラに傷をつけながら、

かっこいい写真を撮ろうと頑張っているのは事実です。

 

そうやって一生懸命撮った写真に、お金を払う価値がある、

そう思ってくれる人がどれだけいるのか。

  

承認欲求、なのかもしれないですが、

ただ、写真を撮って自己満足をするだけでなく、

喜んでもらえる写真を撮る、課題を自分に与えたいと思います。

 

 

売れるか売れないかは、やってみないと分かりません。

 

ですが、本気で撮った写真を持ち帰りたいと思っています。

 

売れるのが一番の目的ではないので、強気の価格設定でいきたいと思います。

 

 

写真撮影、販売について

 

今回は、日高モーターサイクリストクラブさん、

JEC PROMOTION さんの許可を得て、写真の撮影、販売をさせていただきます。

 

また、被写体本人を対象に、写真を販売させていただきます。

 

 

販売サイトについて

 

販売サイトは、BASEを利用します。

 

サンプルとして、IAクラスのフォルダに、

「箱根の和菓子屋さんで出された、おしゃれなキウイ」を載せておきましたので、

おヒマな時にご確認ください。

 

 

 

販売形態について

 

今回は、データ販売一択、2000円/枚で販売します。

 

購入の際に記入いただいたメールアドレス宛に、

私からメールにて写真データをお送りします。

 

アナログですが、考えた末にこの方法に行き着きました。

ご了承ください。

 

 

販売開始時期について

レース終了後、順次販売していきます。

FacebookTwitterInstagram、本ブログでご連絡しますので、

いずれか得意なSNSをフォローください!

 

 

その他

しばらくSNSから離れがちでしたので、

私のことを知らない方もいらっしゃると思います。

少しでも興味持っていただけた方は、過去のブログを見ていただけると嬉しいです。

 

しみちゃん前期。ブロガー時代

モトクロス観戦初心者が覚えたことを書いていくだけのブログ

しみちゃん後期。カメラマン時代

しみちゃん Photo Blog 

 

 

もろもろ、堅苦しいことを書いてしまいましたが、 

そうはいっても、やはり、北海道までの交通費、宿代、レンタカー代など、

結構お金がかかってしまいます。

 

少しでも、それの足しになれば嬉しいなというのも、

正直なところありますので、なにとぞ、よろしくお願いします!

 

おたのしみに!

 

東日本エンデューロ 勝沼大会へ行ってきました

こんにちは!

しみちゃんです。

 

めちゃめちゃ久しぶりなのですが・・・

というか、最近SNSもあんまり出没していないのですが・・・元気です!

 

さて、今日は東日本エンデューロ 勝沼大会へ行ってきました!

クロスパーク勝沼は初めて行くコースです。

 

いやー

 

コースに着くまでの道で、もうレースは始まってますね。

砂利道がハードでした。雨上がりなのもあるかな。 

 

f:id:mx_sm:20190707205620j:plain

※後ろから車が来ていないことを確認して、ちゃんと止まってから撮ってます

 

そう、前日に雨が降ったようで、路面がヌタヌタ。

ハードエンデューロみたいになってました。

 

f:id:mx_sm:20190707205203j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20190707210442j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20190707210140j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20190707210037j:plain

 

 

私も、あらゆるところでコケまくりました。

もはや撮影どころではない。体が痛い。

 

 

f:id:mx_sm:20190707205930j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20190707205932j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20190707210356j:plain

 

お久しぶりな方もたくさんいて。

(ご挨拶できなかった方、すみません)

スタッフが結構豪華な方々でした

 

f:id:mx_sm:20190707210428j:plainラインを教えてくれるナメックさん

 

 

f:id:mx_sm:20190707210452j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20190707210438j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20190707210520j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20190707210511j:plain

 

 

毎回思いますが、エンデューロを撮るのはすごく難しいです。

はーもっと勉強しなきゃな。

 

ではまた!

写真アルバムです! JEC SUGO 2days Enduro 2018

こんにちは!しみちゃんです。

 

昨日アップした記事、みなさま見てくださってありがとうございます!

JEC SUGO 2days Enduro ーモトクラブオープンエリア、2人のチャンプを見て思うことー - しみちゃん Photo Blog

 

さて、やっとこさ写真アルバムをアップします。

一番下にアルバムを載せているので、お急ぎの方は、がーっとスクロールを。

 

f:id:mx_sm:20181128191322j:plain



紅葉がところどころ残っていて、写真映えしましたね。

ちなみに、上の写真、スマホで撮ったんです。ドヤ

 

f:id:mx_sm:20181128191857j:plain

 

f:id:mx_sm:20181128191905j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20181128190521j:plain



f:id:mx_sm:20181128190517j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20181128190615j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20181128190634j:plain

 

新しいカメラに変えてから、

写真が、格段にレベルアップしました。

完全にカメラに頼りっきりです。

 

f:id:mx_sm:20181128190643j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20181128190736j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20181128191037j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20181128190828j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20181128190849j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20181128190958j:plain

 

石戸谷蓮選手は、いつも何かしらのアクションをしてくださります。

こういうの嬉しいです。

 

f:id:mx_sm:20181128192144j:plain

 

こういうのも。

 お気に入りの1枚です。

 

f:id:mx_sm:20181128191222j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20181128190914j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20181128191741j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20181128190928j:plain

 

 

f:id:mx_sm:20181128191139j:plain

 

では最後に写真アルバムを。

 

お手数ですが、写真ご使用の前に写真使用規約をお読みください。

写真の枚数は、ばらつきあります。写真がない方もおられると思います。ご了承ください。

 

以下、参考までに

iPhoneからのflickr写真保存方法! - しみちゃん Photo Blog

 

 

 

 

 

ちなみに、Flickr(写真アルバムのサイト)のパスワードを忘れてしまったので、

今回より、新アカウント、「しみちゃん2」となります。

過去の写真を見たい方は、下のリンクからどうぞ。

Shimi chan’s albums | Flickr

 

ではまた!

JEC SUGO 2days Enduro ーモトクラブオープンエリア、2人のチャンプを見て思うことー

1年ぶりに足を運んだJECは、私の知っているJECと、少し違っていました。

 

新社会人だったこともあり、仕事とレース、プライベートでうまくバランスが取れず、

ほとんどレース観戦に行けなかった2017年。

 

エンデューロを長く見ているわけではないけれど、

久しぶりに足を運んだJECの会場は、今までと比べて、明らかに若手が増えていたように感じました。

少し前まで、10代、20代の若手は、数えるほどしかいなかった気がするんだけどな。

 

f:id:mx_sm:20181127192300j:plain

 

私が大学生だった頃、エンデューロを見始めてから、一番交流があったのは前橋孝洋くんでした。

当初から、いや、もっと前から、期待の若手として取り上げられていた前橋くん。

そんな彼が、先日、2018年のIAクラス年間チャンピオンを獲得しました。

 

そして、その前橋くんが所属する、モトクラブオープンエリアから、もう一人チャンピオンが誕生。

NBクラスの米農家、青木孝平くんです。

 

f:id:mx_sm:20181127192322j:plain

 

f:id:mx_sm:20181127195304j:plain

 

モトクラブオープンエリアとは、以前から交流があった私。

2人のチャンピオンが輩出されたことは、個人的にすごく嬉しい出来事でした。

 

f:id:mx_sm:20181127192450j:plain

 

f:id:mx_sm:20181127192550j:plain

 

前橋くんと青木くんは、まったく真逆の性格のように見えます。

 

学生時代、前橋くんは、自転車で1時間弱かけて通学していて、

1分でも長く寝たいために、最速タイムを突き詰めていたそうな。

 

レースにストイックで、研究熱心で、静かに闘争心を燃やすタイプ・・・だと思う。

 

f:id:mx_sm:20181127194359j:plain

 

f:id:mx_sm:20181127192703j:plain

 

逆に、青木くんは、まっすぐ家に帰らず、

家とは逆の方面に行って、友だちと遊んでから帰るような人だったといいます。

 

JEC日高優勝の祝勝会にて、サインを求められた際、

青木くんは、色紙に「NBクラス年間チャンピオン」と書いていました。

 

まだチャンピオンじゃないのに。

その話だけでは弱いかもしれないけど・・・

なんだか、大物になりそうじゃないですか?

 

f:id:mx_sm:20181127192350j:plain

 

f:id:mx_sm:20181127193011j:plain

 

 

全く性格が違う2人だけれど、彼らを見ていると、数年後が楽しみで仕方がないのです。

 

前橋くんは、レースウィークに入ると、とても近づきにくいオーラを出しています。

悪い意味ではなく、おそらく、レースモードに入っているのだと思います。

 

f:id:mx_sm:20181127193815j:plain

 

初のIAチャンピオン獲得がかかった今大会、SUGO 2days Enduroでは、

レース中もその緊張感が伝わっていました。

 

過去何度かレースを見た中で、あんなに、走りに気迫を感じるレースは初めてだったかもしれない。

レースが終わると、ニコニコした前橋くんが戻ってくるのだけども。

 

きっとこのまま、どんどん上まで行っちゃう人なんだろうなと、そう思ってしまいます。

 

f:id:mx_sm:20181127192806j:plain

 

f:id:mx_sm:20181127192345j:plain

 

 

青木くんは、1年前、前橋くんの紹介もあって、今年からオープンエリアのチーム員になりました。

 

初めて参戦したJEC富山では、ヘルメットがボロボロすぎて車検に通らなかったとか、

(結果的に通したらしいですが)

エアクリーナーが泥だらけでうまくエンジンが回らなかったとか、

乗り込みすぎて、信じられないぐらいバイクが原型を留めてなかったとか。

🌾参考文献:KMFC - kmfunclub ページ 

 

そんな彼が、今年、モトクラブオープンエリアに入り、いきなり年間チャンピオン。

 

「本当、1年で人は変われるもんなんですよ」

 

そう、青木くんは言っていました。

 

モトクラブオープンエリアという、素晴らしい環境を掴んだ青木くん。

ちょっと違うかもしれないけど、シンデレラストーリー?

 

伸び代しかないわ。

数年後、青木くんはどこまで速くなるのかなあ。

 

f:id:mx_sm:20181127194217j:plain

 

f:id:mx_sm:20181127194644j:plain

 

エンデューロの世界は、沼だと思います。

コースに行くたび、顔見知りが増えていって、ライダーのことも知るようになります。

 

私は、会場の雰囲気が非日常的で、やめられません。

いるだけでいいのです。

 

f:id:mx_sm:20181127194858j:plain

 

ちょっと空白はあったけれど、久しぶりに行ったJECは本当に楽しかった。

やっぱり、エンデューロの世界は知れば知るほど、抜けられなくなりますね。

 

今年、クラスは違えど、お互いに年間チャンピオンを獲った2人。

前橋くんと青木くんが、同じクラスで戦うようになる日はいつになるのかな。

その頃、私は、どんな形でこの世界と関わっているのだろう。

 

そんなことを思う、最終戦でした。

24歳、ひとりでオーストラリアへMotoGPを観に行ってみました

こんにちは!

実は先月、オーストラリアへMotoGPを観に行ってきました。

 

ツアーではなく。

 

ひとりで。

 

弾丸で。(2泊4日)

 

場所はMotoGPファンにはおなじみ、フィリップアイランドサーキットです!

 

 

f:id:mx_sm:20181111155700j:plain

 

今回の旅でかかった費用をはじめ、どんなことに気をつけるべきだったか、

覚え書きも兼ねて、ぶっちゃけ公開したいと思います!

 

1. 交通

2. インターネット

3. 会場

4. 食

5. 持っていってよかったもの、持っていけばよかったもの

6. 旅の行程・費用まとめ

 

1. 交通

フィリップアイランドサーキットは、メルボルン空港から車で約2時間ほど行ったところにあります。

 

調べたところ、メルボルン市街からサーキットまではバスが出ているようでした。

1日2回ぐらいの往復だったような・・・細かいことは忘れましたが、あまり実用的ではない気がしました。

 

ですので、今回、私はレンタカーを使うことに。

(ペーパードライバーで、公共交通機関を乗り継いでいた私が、ついにオーストラリアでレンタカー。4年の時の流れを感じますね)

 

f:id:mx_sm:20181111155835j:plain

 現地スタッフに「でかいのか、セダンタイプの小さいのか、どっちがいいか?」と聞かれて、せっかくだからということで、「でかいの」にしました。1人で借りるのに7人乗り。

 

事前にインターネットで予約しておきましたが、これが結果的に高かったんだな・・・

メルボルン市街受け取り、空港で返却。約2日間。

インターネット予約時は、¥15,000+保険。が、クレジットカードを見ると、いろいろ足されて¥30,000。高くないですか。

もしかして、高速代も一緒に引かれてるのかな?(現在問い合わせ中)

 

 

フィリップアイランドへは、基本的に車専用道路をずっと走っていけばOKなのですが、

ところどころ高速道路(有料区間)があって、しかも、ここから高速道路ですよ!という看板だけで判断するんだと、インターネットさんが言っていました。

(余談ですが、オーストラリアでは高速道路=TOOLWAYというらしい)

 

支払いはどうすれば・・・と心配していましたが、実際車に乗ってみると、E-Toolという端末が付いていて、これでクレジット支払いをするようでした。

 

f:id:mx_sm:20181111160037j:plain

 

車は、メルボルン市街のサザンクロス駅にて、車を借りました。

 

f:id:mx_sm:20181111160258j:plain

 

f:id:mx_sm:20181111160351j:plain

 

f:id:mx_sm:20181111160329j:plain

メルボルン市街

 

サザンクロス駅の1階に、何社かレンタカーのオフィスがあり、スタッフに国際免許証、日本の免許証を見せます。

いろいろ確認したあと、車の鍵とナンバーが書かれた紙、駐車場を出るときに使う駐車券を渡され、2階の立体駐車場へ行きます。

 

ナンバーを頼りに車を探します。

車の近くにスタッフがいると聞いていたのに、私が借りたレンタカー会社の人いないし・・・

約10分ぐらいかけて車を見つけて、鍵が開いていたし、仕方ないので、そのまま乗って出庫しました。これでいいのか。

 

*教訓*

レンタカーの料金設定はきちんと見ておくこと

 

 2. インターネット

現在日本で使用しているスマホSIMカードを、現地のSIMカードに交換する形で、インターネットを使おうと思っていました。

実際、空港の出口すぐにSIMカードを取り扱うお店がありました。

 

f:id:mx_sm:20181111160505j:plain

メルボルン空港出口の、パタパタ掲示板の向かいにあります

 

SIMカードを購入し、お店で交換。

 

"SIMロック解除しないと、このカードは使えないよ"

そう、私のスマホが言うのです。

 

!?!?

格安スマホに変えていたので、てっきりその際にSIMロック解除していると思っていたのに・・・仕方なく払い戻しして、インターネットなしで旅をしました。

 

そんなときに限って、車にカーナビついてないし。

本当どうしようかと思っていましたが、

学生時代のアジア旅の名残で、地図アプリをダウンロードしていたため、事なきを得ました。

 

※ちなみに、アプリ名は"maps.me"

事前に地図をダウンロードしておけば、インターネットなしの環境でも、GPSだけで道案内(英語だけど)してくれるスグレモノ。おすすめです

 

*教訓*

でもやっぱりSIMカード使える方がよかった

 

3. 会場

会場へ近づくにつれ、駐車場へ向かう車の列が。

やっぱりみんな車で来ますよねえ。

帰りは出るのに1時間ぐらいかかりましたが、行きは割とすんなり入れました。

 f:id:mx_sm:20181111160947j:plain

車とバイクは、コース横の芝生に停めるのです。

 

f:id:mx_sm:20181111160703j:plain

レース終了後の出口。特等席を作って、渋滞を眺めているおじさんたち。

 

駐車料金は、車1台につき、1日$15(¥1,200)。

日本GPに比べればお安いですね。

 

会場へ入ると、ずっと夢にまで見ていた景色が目の前に。

 

f:id:mx_sm:20181111161140j:plain

 

そう、これこれ!ホームストレート先に見える海!

 

観客席はほとんどが自由席。

私も自由席のチケットのみ取っていました。

 

f:id:mx_sm:20181111161359j:plain

 

General Admission チケット $168.37(¥14,000)。

事前に、公式ホームページで購入、スマホスクリーンショットを入れておいて、入場口でQRコードを読み取ってもらい、入場します。

 

f:id:mx_sm:20181111162258j:plain

 

仮設で指定席もありますが、ここのコースは絶対自由席の方がいいな。

芝生に座り、ご飯を食べ、友だちと喋りながら観戦するスタイル。

 

f:id:mx_sm:20181111161445j:plain

 

f:id:mx_sm:20181111161453j:plain

 

ちなみに、私は芝生に座り、ハンバーガーを食べ、カモメと喋りながら観戦しました。

 

f:id:mx_sm:20181111161624j:plain

 

f:id:mx_sm:20181111161632j:plain

 

会場全体はゆるい感じで、もうほんと、最高。

 

f:id:mx_sm:20181111162106j:plain

 

f:id:mx_sm:20181111162124j:plain

 

f:id:mx_sm:20181111162451j:plain

会場に理容院。待ってる人もいたけど、レース会場で髪切りたくなるものなのかな?

 

f:id:mx_sm:20181111162916j:plain

 

f:id:mx_sm:20181111162231j:plain

 

もちろん、グッズ売店や、ブースもありました。

 

f:id:mx_sm:20181111163503j:plain

 

f:id:mx_sm:20181111163614j:plain

  

f:id:mx_sm:20181111162651j:plain

 

f:id:mx_sm:20181111162736j:plain

 

f:id:mx_sm:20181111162654j:plain

 

コースをぐるっと一周しました。

どのコーナーもコースと近くて、え?こんなに近くていいの?MotoGPやで?と思ってしまうぐらい。

300mmの一眼レフ(長めのレンズ)でこれですよ。

 

f:id:mx_sm:20181111162827j:plain

 

f:id:mx_sm:20181111162824j:plain

 

f:id:mx_sm:20181111163053j:plain

 

f:id:mx_sm:20181111163107j:plain

 

f:id:mx_sm:20181111163139j:plain

 

憧れの、決勝レース終了後にホームストレートになだれ込むこともできたし。

はー最高だったなあ。

 

f:id:mx_sm:20181111161832j:plain

 

f:id:mx_sm:20181111161731j:plain

 

f:id:mx_sm:20181111161904j:plain

 

4. 食

弾丸旅で過密スケジュールだったため、名物レストランへ行くなどはできませんでした。ファストフード系、総じて、圧倒的に野菜が少ないご飯でした。

帰国したとき、これまでにないぐらい、お肌ガサガサだった。

 

f:id:mx_sm:20181111163232j:plain

 

f:id:mx_sm:20181111163238j:plain

 オーストラリア=オージービーフのイメージ

 

しかも、スーパーが18時に閉まるし。

お土産は、決勝レース後に、スーパーで買おうと思っていたけれど、目当てのスーパーはすでに閉まっていました・・・

 

*教訓*

お土産購入はお早めに

 

5. 持っていってよかったもの、持っていけばよかったもの

 

まず、持っていってよかったものです。

 

ユニクロのコンパクトになるダウン・・・寒かったので重宝しました。

 

②クレジットカード・・・クレジットカードの使用率が高い国のため、どこでも基本クレカが使えました。

 

③現金・・・とはいえ、会場の売店は現金があった方が◎。フィリップアイランドで両替場を見つけることはできませんでした。

会場に仮設ATMがありましたが、クレカからの引き出しはできず。

それゆえ、手持ち800円しかない状態で、ハンバーガーしか食べられませんでした。ひもじい。

 

f:id:mx_sm:20181111163426j:plain

 

逆に、持っていけばよかったものです

 

①レジャーシートか、折りたたみ椅子・・・芝生にそのまま座るより、レジャーシートや椅子があった方がいい。

 

②ニット帽・・・マジ寒いから。メルボルン市内と比べ物にならないから。風が。

 

6. 旅の行程・費用まとめ

 さて、最後に気になる旅の行程と、費用まとめです。

 

【旅の行程】

10/25(木)

仕事を15時で切り上げ。

23:45 羽田空港

所要時間:7h10

05:55 マレーシア クアラルンプール空港着

 

10/26(金)

トランジット:4h

10:10 マレーシア クアラルンプール空港発

   所要時間:7h55

21:00 メルボルン タラマリン空港着

空港ーメルボルン市街(サザンクロス駅) 約30分 SKYBUS利用 片道 $19.8(¥1700)

 

 10/27(土)

8:00-10:30 メルボルン市街観光

11:00 サザンクロス駅にて車レンタル、メルボルン中心街発

13:00 フィリップアイランドサーキット着

13:35開始 MOTO3 予選〜16:50終了 MOTOGP予選

17:30 フィリップアイランドサーキット発

 

10/28(日)

8:00 フィリップアイランドサーキット着

9:00開始 SUPERSPORT 300〜17:00終了 MOTOGP決勝

18:00 フィリップアイランドサーキット発

21:30 メルボルン空港着、空港にてレンタカー返却

 

10/29(月)

00:45 メルボルン タラマリン空港

   所要時間:9h55

8:40 成田空港着

 


【総費用】

・航空券(往復) ¥67,000

・観戦チケット(General Admission) ¥14,000

・会場駐車場 1日¥1,200×2日間=¥2,400

・レンタカー+Skybus ¥31,700

・ガソリン ¥6,000

・宿(2泊) ¥15,000

・食費 ¥6,300

・お土産 ¥2,000

・ビザ ¥486

・国際免許 ¥2,350

・その他 ¥15,000

 

合計 ¥162,000

 

ちょうど思っていたぐらいの金額でした。

ただ、レンタカーのところはもう少し削減できたかなと。

また、飛行機も、長距離で格安航空はやめた方がいい気がしました。

ひとりで行ってこれ、なので、人が増えればもう少し安くすむと思います。

 

長くなってしまいましたが、これにてオーストラリアの旅日記は終わりです!

小ネタはたくさんあるのですが、まずはこのへんで。

 

ではまた!

しみちゃん、カメラを買う。〜MX FIELD TOYOTAへ行ってきました〜

こんにちは!しみちゃんです。

 

モトクロスに出会って、はや4年・・・(まだ4年?)。

思い切って、大きな買い物をしました。

 

じゃん

f:id:mx_sm:20181007193814j:plain

一眼レフ&望遠レンズ!

 

「バイクをもっと近くで撮りたい!」と思い、

当時中古4万で買った一眼レフセットを、これまでずっと使ってきました。

 

次はもっといいやつを!

そう思い続けて、ついに購入いたしました。

 

はー!私も、ついに白いレンズを買えるまでになったのか。

すごいなあ!これが社会人かー!

※2年ローンで買いました

 

いてもたってもいられず、購入翌日の今日、

お手並み拝見ということで、カメラの練習に行ってきました!

 

コースは、愛知県にある、MX FIELD TOYOTAです。

実はここのコースは初めてで、アウェイなのでは・・・と思ったのですが、

中部地方のモトクロスとエンデューロの知ってる人全員来てるのでは、ってぐらい大盛況でした。

 

早速ニューカメラ導入してみたのですが・・・

すごく楽!びっくりしました。

 

ただ、やっぱりカメラがいいモノになっても、

そんなに写真の見た目は変わらないような気がしました。

結局は腕なんだな。

 

ま、今日は設定は変えずに、慣れることを目的に撮っていたからいいかなと!

これからたくさん撮って、うまくなるぞー!

 

f:id:mx_sm:20181007211446j:plain

 

f:id:mx_sm:20181007211801j:plain

 

f:id:mx_sm:20181007214231j:image
 

f:id:mx_sm:20181007214049j:image

 

f:id:mx_sm:20181007214026j:image

 

f:id:mx_sm:20181007211501j:plain

 

f:id:mx_sm:20181007211505j:plain

 

f:id:mx_sm:20181007211515j:plain

 

最後に写真アルバムを!

たぶん本当は知っている方がたくさんなのですが、撮れていない方がいるかも・・・

さらっと規約を読んでいただいて、SNSにでも使ってください!

 

181007 MX FIELD TOYOTA | Flickr

 

 

ではまた!